2012年1月31日火曜日

Googleの広告枠を買っているのが一体どこの誰なのかよくわかる図 - GIGAZINE

Googleの広告枠を買っているのが一体どこの誰なのかよくわかる図 - GIGAZINE

◆第1位 金融&保険:40億ドル(約3054億円)
State Farm(自動車保険):4370万ドル(約33億3700万円)
Progressive(自動車保険):4310万ドル(約32億9100万円)
GEICO(自動車保険):2370万ドル(約18億1000万円)
Quicken Loans(住宅ローン):2110万ドル(約16億1100万円)
eHealthInsurance(健康保険):2060万ドル(約15億7300万円)
・よく使われるキーワードとそのCPCSelf Employed Health Insurance (個人事業主の健康保険について)」43.39ドル(約3313円)
 「Cheap Car Insurance (安い自動車保険)」33.97ドル(約2594円)


◆第2位 小売&雑貨:28億ドル(約2138億円)
Amazon.com(ネット通販):5520万ドル(約42億1500万円)
eBay(ネットオークション):4280万ドル(約32億6800万円)
メイシーズ(百貨店):3560万ドル(約27億1800万円)
シアーズ(百貨店):3430万ドル
J.C.ペニー(百貨店):3090万ドル
・よく使われるキーワードとそのCPC 「zumba dance dvd (ズンバというダンスフィットネスのDVD)」5.18ドル(約396円)
 「proform treadmill (ウォーキングマシン)」3.80ドル(約290円)
 「weber grill accessories (ウェーバー社のグリルのアクセサリ)」1.95ドル(約149円)


◆第3位 旅行:24億ドル(約1833億円)
Booking.com(宿泊予約):4040万ドル(約30億8500万円)
エクスペディア(宿泊予約):2890万ドル(約22億700万円)
KAYAK(宿泊予約):2870万ドル(約21億9200万円)
マリオットホテル(ホテル):2090万ドル(約15億9600万円)
プライスライン(宿泊予約):1960万ドル(約14億9700万円)
・よく使われるキーワードとそのCPC 「new york hotels (ニューヨークのホテル)」7.68ドル(約586円)
 「plane tickets (航空券)」6.95ドル(約531円)
 「cheap hotels (格安ホテル)」5.94ドル(約454円)


◆第4位 仕事&教育:21億ドル(約1604億円)
フェニックス大学(オンライン大学):4690万ドル(約35億8100万円)
ITT Technical Insutitute(オンライン大学):2990万ドル(約22億8300万円)
DeVry大学(オンライン大学):1970万ドル(約15億400万円)
カペラ大学(オンライン大学):1700万ドル(約12億9800万円)
ClassesUSA(オンライン高等教育サイト):1630万ドル(約12億4500万円)


◆第5位 ホーム&ガーデン:21億ドル(約1604億円)
ロウズ(ホームセンター):5910万ドル(約45億1300万円)
ザ・ホーム・デポ(ホームセンター):5030万ドル(約38億4100万円)
ServiceMagic(リフォーム仲介):2140万ドル(約16億3400万円)
Sears Home Services(家の保守整備):2070万ドル(約15億8000万円)
Lighting Universe(照明器具販売):1500万ドル(約11億4500万円)


これを参考に金融保険関係のHPなどを作成すればかなりの収益になると予想されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿