2010年4月3日土曜日

携帯「SIMロック」解除を総務省が要請

携帯「SIMロック」解除=利便性向上へ主要4社が合意 - 時事通信
4月2日20時55分配信 時事通信
総務省とNTTドコモなど主要携帯電話4社は2日、特定の通信事業者との契約がないと携帯電話端末を利用できないようにする「SIMロック」を解除することで基本的に合意した。解除によって、利用者は端末と通信事業者を組み合わせる自由度が高まる。総務省は新たにガイドラインを定め、契約から一定期間が過ぎると通信各社がロックの解除に応じるようにする方針だ。
同日実施されたヒアリングで各社は、一部サービスが利用できなくなるなど利用者に不利益が生じると指摘しつつ、「ユーザーの選択に任せるべきだ」(NTTドコモ)との考えを表明した。
内藤正光副大臣はヒアリング終了後、「解除に応じることに一定の合意が得られた」と述べ、現行の第3.5世代携帯電話サービスからの対応を視野に入れる考えを示した。「民間の努力に期待したい」として解除義務の法制化は見送る。
携帯端末には利用者識別カードが組み込まれているが、現状ではこれを他の通信事業者向け端末に差し替えても使えない。総務省の研究会は2007年の報告書で「原則として解除することが望ましい」と指摘し、高速通信が可能な次世代携帯電話の導入を見据え、10年に結論を出す考えを示していた。 
SIMbook notebook | spinninghat.com

○解除要請 記事
  • 携帯電話:「SIMロック」解除努力を要請方針 副総務相 - 毎日jp
  • 携帯端末、全社対応型に 「SIMロック」解除要請へ - 読売
  • ユーザーの求めに応じてSIMロックは原則解除へ、総務省の公開ヒアリングで結論 - ITpro
  • 携帯電話と通信会社、組み合わせ自由に 総務省、制限解除要請へ - 日経
  • 総務省でSIMロックに関する公開ヒアリング 内藤副大臣は3.5Gからの導入に意欲 - ケータイWatch
  • 携帯、全通信会社対応に道 SIMロック解除へ国が指針 - 朝日

○課題 記事
  • KDDIが語る「SIMロック解除」のメリットとデメリット - ケータイWatch
  • ソフトバンク松本副社長、「SIMロック解除義務化は不利益過大」 - ケータイWatch

通信規格が異なるAUにとっての方向転換をして通信規格を揃えるか、互換方式などのメリットがないと日本国内に居住して使用している人が不利な状況になり、現状でも不利な立場にたっているAUがさらに不利な立場に立たされたと言っていいでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿